野球オッズ について

野球オッズ ブランド

ブランドステイトメント

共に育つ、わくわく悩む。

野球オッズ は2021年、新たにブランドタグライン「共に育つ、わくわく悩む。」を策定いたしました。

約100年前、小さな私塾が一人の女性によって開かれました。
関東大震災で家族も私財も失った女性たちに、自立して生きることができるよう手を差し伸べたい。
そんな決意と情熱にあふれた学校こそ、野球オッズ の前身です。
この100年を振り返るとき、野球オッズ の変わることのない思いとは、社会の課題を見つめ、困っている人や悩んでいる人に寄り添い、共に答えを探すことでした。
そして社会に役立つ力を育むとともに、他の人を思いやるあたたかい心を育ててきました。
その心は「自立と共生」という建学の精神として、今日も受け継がれています。
ブランドタグラインは、この「自立と共生」の精神を根底に持ち、野球オッズ の歩んできた道、これからも歩み続ける道を、社会に向けて発信するものです。
野球オッズ は、社会に出て学び、社会から学び、社会と共に成長する人材を育てます。
社会に出ることは、ときに厳しい現実に直面し、足がすくんでしまうこともあるかもしれません。
しかし、地域の人々をはじめ先輩、後輩、教職員など、多くの人と手を携えて、共に困難を乗り越えた経験は、必ず成長につながります。
多くの人と共に学ぶこと。
悩み、失敗しながらも、前を向いて進み、少しずつ成長すること。
それらは、私たちみんなが生きる社会を、みんなで力を合わせて、よりよく変えていくための、小さくても確かなきっかけになると思うのです。
悩み、葛藤し、ときには挫折したり失敗したりした学生時代の経験は、社会に出てからの貴重な財産となります。
悩むのは、未来への期待があるから。未来を信じているから。
悩むことも「わくわく」に変えて、共に新しい明日、新しい「私」に出会うために、あなたと共に、野球オッズ も成長を続け、この道を走ります。

※[タグライン]ブランドが掲げるメッセージを端的に表現したことば
[ブランドステイトメント]ブランドの存在意義やブランドが提供する価値等を明示した文章

具体的な活動例

学生一人ひとりに目が行き届く大学、あらゆる人々、学生が行き来する「開かれた大学」。
学内だけではなく、地域のコミュニティや企業、団体など、社会のあらゆる場所が豊かな「学びの場」になります。

「新・文明の旅」プログラム

ユーラシア大陸を舞台に世界の人々と交流を図ります。
10年以上続く長期的な取り組みです。

Read More

五街道ウォーク

街道を歩きながら現地の文化や実情に触れます。
企画から運営まで全て学生で実施しています。

Read More

BUNKYO GCI

全学部横断型のグローバル人材育成プログラムです。
1年次から短期留学し異文化理解を深めます。

honey rush

てっぺんフォーラム・キャリアてっぺんフォーラム

自らが立てた目標を達成した学生や、目標に向かって努力途上の学生を表彰するイベントです。

Read More

まちラボ

「社会に開かれた実験空間」として両キャンパスに設置しています。
都市型・郊外型など多様な社会問題に取り組んでいます。

Read More

Anime Japan出展

経営学部生たちが毎年企画しています。
アニメを生かした産官学連携にも発展しています。

Read More

ゼミナール活動

各学部の専門性を深めるゼミナールが充実しています。
社会課題の解決にも取り組んでいます。

現場実習

教育・保育・福祉・心理・保健医療の各分野において、学外の機関と連携した実習を行っています。

チーム医療論/多職種連携論

保健医療技術学部の4つの学科を横断した小チームで相互理解を含めるグループワークなどを実施します。

教育支援センター活動

子育て支援や地域ボランティア、子ども英語教育、心理相談など教育支援センターの活動が学生・大学院生の教育につながっています。

ビジョン

グローバル化と多様化が進行する世界において「自立と共生」を実践する大学であり続けます。

国際化に対応した地球市民を育成します。
ストレス耐性を持った人材を育成します。
人生を共に歩む、永久サポート大学であり続けます。
生き抜く力の礎を築く、教育力日本一を目指します。

Google
オンライン カジノ カジノみー オンラインカジノサイト ラッキーベイビーカジノ スロット バカラ テーブル online カジノ デッドオアアライブ スロット オンラインカジノ 登録 onnrainnkazino casino
map